年齢を感じさせるたるみ毛穴を予防する3つの習慣

年齢を感じさせるたるみ毛穴を予防する3つの習慣

年齢を感じさせるたるみ毛穴を予防する3つの習慣

毛穴が目立ってくると、一気に年齢を感じさせます。メイクでは隠しきれなかったりするので、女性の悩みの種だと思います。
今回はその中でも特に年齢を感じさせる「たるみ毛穴」の予防についてご紹介します。

 

たるみ毛穴とは、肌全体のたるみで、毛穴が縦長に開いて、開ききった状態のことを指します。35歳を過ぎてから目立ってくるものです。

 

 

その予防法の1つ目は、水分補給です。化粧水をしっかりつける、2度付け3度付して、肌にしっかりと化粧水をしみこませていくことです。そして、クリームやパックなどして、乾燥を防いでいきます。
これを習慣とすることで、肌の水分量がぐっとあがり、肌のたるみが改善され、たるみが減り、たるみ毛穴も予防できるようになります。
化粧水などは、特にビタミンCが配合されたものがオススメです。

 

 

2つ目は、顔のストレッチです。たるみ毛穴は、肌全体のたるみにより引き起こされます。まずは肌のたるみを予防していくことが重要です。
オススメのストレッチは、顔を動かさずに、目や眉、口だけを上下左右にゆっくりと動かしていくストレッチです。

 

 

時間をかけてゆっくり行うことがポイントです。また、口や目、眉などをすぼめてから伸ばす、といったストレッチもも有効です。
これなら家事をしながら、仕事をしながら、テレビを見ながら、スキマ時間に行うことができます。

 

 

3つ目は、食事と睡眠です。成長ホルモンが分泌される時間にしっかり寝ることで、血行が良くなったり、食事で得た栄養が身体全体に行き渡るようになります。
栄養のたっぷりある食事を取ること、そしてそれを十分に活かせるように、しっかりと睡眠を取ることを習慣化することで、たるみを防ぐことができます。

 

 

肌のゴールデンタイムは夜10時から2時と言われています。なかなかこの時間に寝ることは難しいかもしれませんが、お肌のためにも朝型の生活に切り替えるのも良いかもしれません。
以上、たるみ毛穴を予防する3つの習慣のご紹介でした。